カフェFCの教科書

低リスクで長期安定経営を実現するには
伴走型の
カフェフランチャイズ
を選ぶ

フランチャイズでカフェ開業するなら、
収益の振れ幅を小さくし長期的に経営を続けることが重要。
特に他業種から外食業界へ参入する場合、
バックアップしてくれる本部選びがリスクを左右することも。

当サイトでは、加盟店を手厚くサポートする3社を特徴別にご紹介します。

【特徴別】
カフェフランチャイズ本部3社をみる

カフェフランチャイズの
特徴

カフェフランチャイズは、ロイヤリティをフランチャイズ本部に支払うことでカフェブランド名・経営ノウハウ・店舗などを提供してもらうビジネス形態。開業資金を準備でき、フランチャイズ本部の条件に合致すれば、個人でも法人でもカフェを経営することができます。

飲食店経営・勤務の経験がなくても、フランチャイズ本部の研修やサポートを利用できるため、カフェ開業しやすいのがメリット。また、すでに知名度の高いブランド名・看板を借りることができるため、中長期的に安定した集客が見込めます。

カフェフランチャイズ成功の前提は
「ブランドの信頼性」
×
「本部のサポート力」

セルフサービス型、フルサービス型といった業態、カフェブランドによっても特徴が異なるため、フランチャイズ加盟する際は必ず各カフェブランドの戦略を考えることに加え、業態もチェックしましょう。

そして、カフェフランチャイズで成功を納めるには何と言っても集客力がポイント。ブランドに信頼性のあるフランチャイズを選ぶことが、安定した集客を実現するカギと言えるでしょう。

また、本部のサポート力も重要です。開業前はもちろん、開業後も経営や従業員教育などに関するアドバイスを行うなど、手厚いサポートを提供している本部を選びましょう。

【特徴別】
おすすめの
伴走型カフェフランチャイズ本部3社

ここでは信頼性の高いカフェブランドとして、展開している店舗数が多いカフェフランチャイズ上位10社を徹底調査しました。その中から、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6社をピックアップ。
さらに、「イニシャルコストが安い」「ブランド力をフル活用できる」「自由度の高さ」といった特徴を持つ本部3社を選定しました。
イニシャルコストが安く、
長期安定的な新規事業を立ち上げ

C-United
珈琲館
カフェ・ド・クリエ

C-United公式HP
引用元:C-United公式HP
(https://c-united.co.jp/fc/)
対応サービス
フルサービス型
セルフサービス型
  • 立地に合った業態を本部が提案し、
    利益の最大化を図る
  • オーナーや店長候補を対象とした開店前研修でノウハウを習得
加盟金 150万円~(税不明)
保証金 150万円~
店舗数 404店舗(※2ブランド合算数)

加盟について詳しく見る
(公式HP)

電話で問い合わせる

C-Unitedの
サポート力をみる

ブランド力をフル活用し
集客を狙える事業運営

ドトールコーヒー
ドトール

ドトールコーヒー公式HP
引用元:ドトールコーヒー公式HP
(https://www.doutor.co.jp/business/fc/)
対応サービス
セルフサービス型
  • 全国に1,000店舗以上を展開のブランド力で
    集客が期待
  • 800店舗以上がフランチャイズ店舗運営の
    実績
加盟金 チェーン加盟金:165万円(税込)
出店準備金:165万円(税込)
保証金 加盟保証金:150万円
出店保証金:150万円
店舗数 1,066店舗

加盟について詳しく見る
(公式HP)

電話で問い合わせる

ドトールコーヒーの
サポート力をみる

カフェに加えてショットバーにも挑戦できる自由度の高さ

プロントコーポレーションプロント

プロントコーポレーション公式HP
引用元:プロントコーポレーション公式HP
(https://www.pronto.co.jp/company/franchise/)
対応サービス
フルサービス型
  • 昼はカフェ、夜はショットバーの
    二面性収益モデルでの事業運営
  • 「ベーシックコース」「フォローアップコース」2タイプの研修システム
加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円~
店舗数 181店舗

加盟について詳しく見る
(公式HP)

電話で問い合わせる

プロントコーポレーションの
サポート力をみる

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

【選定基準】(下記はすべて2022年12月6日時点に調査。)
2022年12月6日時点、Google検索「コーヒー フランチャイズ」でヒットした全17ページのうち、コーヒーをメインに販売するフランチャイズをすべて調査。
フランチャイズ加盟を募集している全18ブランドを店舗数上位10ブランド(2022年12月6日時点)に絞り込み、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6ブランドをピックアップ。その6ブランドを運営するフランチャイザー3社を以下の条件で選定。
・C-United…調査したカフェ6ブランドのうち、最も加盟金と保証金の金額が安い「珈琲館」と、「カフェ・ド・クリエ」を運営するフランチャイザー
・ドトールコーヒー…調査したカフェ6ブランドのうち、最も店舗数の多い「ドトール」を運営するフランチャイザー
・プロントコーポレーション…調査したカフェ6ブランドのうち、唯一カフェとショットバーの2面性収益モデルをもつ「プロント」を運営するフランチャイザー

カフェ業態「フルサービス型」「セルフサービス型」それぞれの特徴

フルサービス型

フルサービス型のカフェとは、席で店員が注文を取り、ドリンクや料理をすべて運んできてくれるスタイルのこと。ごく一般的な喫茶店で取られている形式であり、ゆったりとくつろげるだけの敷地面積が必要。ホールスタッフの人件費はかかりますが、フードやドリンクの単価を高めに設定しても顧客満足を叶えることができるサービス形態です。

セルフサービス型

セルフサービス型のカフェとは、利用者自身がカウンターで注文をし、ドリンクや料理を自ら運ぶスタイルのこと。後片付けについても、基本的に利用者が行います。フルサービス型ほど人件費や敷地面積がかからないため単価が低い特徴があります。それゆえ、回転率を上げて利益が出せるよう駅前など、利用者が多くて回転率の高い立地であることが求められます。

【特徴別】
おすすめの
伴走型カフェフランチャイズ本部3社の詳細

イニシャルコストが安く、長期安定的な新規事業を立ち上げ

C-United
珈琲館
カフェ・ド・クリエ

C-United公式HP
引用元:C-United公式HP
(https://c-united.co.jp/fc/)
加盟金 珈琲館:150万円(税不明)
カフェ・ド・クリエ:300万円(税不明)
保証金 珈琲館:150万円
カフェ・ド・クリエ:150万円
ロイヤリティ 珈琲館:純売上の2%(税不明)
カフェ・ド・クリエ:純売上の3%(税不明)
内装設計監理料 珈琲館:100万円+(3.5万円×店舗面積坪数)(税不明)
カフェ・ド・クリエ:50万円(税別)
全店舗数 404店舗
※珈琲館、カフェ・ド・クリエ合算
募集エリア 全国

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

C-United公式HP(珈琲館)で
フランチャイズ加盟条件を
詳しくみる

C-United公式HP(カフェ・ド・クリエ)で
フランチャイズ加盟条件を
詳しくみる

電話で問い合わせる

C-Unitedのサポート内容

物件の立地や客数で収益性を
ジャッジし、
オーナー目線で
2業態からブランドを提案

C-Unitedではセルフサービス型のカフェ・ド・クリエ、フルサービス型の珈琲館の2業態のフランチャイズを展開しており、物件の利益を最大化できる業態を提案します。

本部が物件の立地条件や収益性などを確認し、どちらの業務形態が合っているのかをオーナー目線で判断。それにより、中長期的な収益と運営が期待できるのです。

オーナーや店長候補を対象とした開店前研修

C-Unitedのフランチャイズでは、「心地よい空間づくり」をモットーにオーナーと二人三脚で店舗づくりを実施しています。開店に向けた研修では、接客基本動作・キッチン・清掃・マネジメント業務といった店舗運営に必要なノウハウを習得。

未経験からでも、自信を持って開店できるような内容となっています。

開店準備から運営まで
専属チームがサポート

C-Unitedでは、開店準備はもちろん開店後の運営に至るまで、専属のチームがしっかりとサポート。開業より50年にわたって蓄積されたノウハウを、オーナーへ余すところなく提供しています。

また、スーパーバイザーによる販促活動や売り上げ目標の達成に向けた経営アドバイスも行っているため、安定した店舗運営が期待できます。

C-Unitedのオーナー口コミ

本音の意見交換ができる

新規出店の判断は、まずデメリットを検証することから始めるのですが、珈琲館さんとはいいことも悪いことも含めて本音をぶつけ合いながら建設的な意見交換ができています。だからこそ、最初の店舗を出店してから現在に至るまで、毎年1店舗のペースで着実に新しい店舗を展開できているのだと思います。

引用元:C-United公式HP(https://c-united.co.jp/fc/article1/

目の届かないポイントをサポート

店内が開放的で明るく、椅子やテーブル、照明器具などの調度品一つ一つが可愛らしいカフェ・ド・クリエさんの空間づくりは、まさに私たちが求めているものでした。また、実際の店舗運営においても、スーパーバイザーさんがスタッフの制服を着て率先して働き、お客様への模範的な対応や売上の向上に結びつくお声かけの方法を教えてくださるなど、初めてカフェ事業を展開する私たちには目の届かないポイントをサポートしてくれています。

引用元:C-United公式HP(https://c-united.co.jp/fc/article2/

信頼して一緒にビジネスができる

担当のスーパーバイザーさんは、事業内容やブランドへのこだわりを丁寧にご説明くださっただけでなく、カフェ事業について右も左もわからない私たちの不安に寄り添って「焦らずに、じっくり考えてください」と言葉をかけてくださいました。私は、その温かい人柄に接して「この人なら信じられる。一緒にビジネスがしたい」とその場で加盟を決めました。

引用元:C-United公式HP(https://c-united.co.jp/fc/article3/

C-Unitedの基本情報

会社名 C-United株式会社
企業理念 企業理念「「珈琲文化の創造と発展を通して人を幸せにすること」
“人”という言葉には、お客様、お取引先様、そしてすべてのスタッフとステークホルダーが含まれます
本社所在地 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル 1階・9階
電話番号 03-6432-4082
公式HP https://c-united.co.jp/index.html

C-United公式HP(珈琲館)から
説明会に申し込む

C-United公式HP(カフェ・ド・クリエ)から
説明会に申し込む

電話で問い合わせる

ブランド力をフル活用し集客を狙える事業運営

ドトールコーヒー
ドトール

ドトールコーヒー公式HP
引用元:ドトールコーヒー公式HP
(https://www.doutor.co.jp/business/fc/)
加盟金 チェーン加盟金:165万円(税込)
出店準備金:165万円(税込)
保証金 加盟保証金:150万円
出店保証金:150万円
ロイヤリティ 税抜き売上の2%
内装管理費 110万円(税別)+(契約坪数-10坪)×4万円(税別)
全店舗数 1,066店舗
募集エリア 全国

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

ドトールコーヒー公式HPで
フランチャイズ加盟条件を
詳しくみる

電話で問い合わせる

ドトールコーヒーのサポート内容

独自の研修期間で経営ノウハウを徹底レクチャー

ドトールコーヒーでは独自の教育機関である「IRP経営学院」にて、経営ノウハウを学べる22日間の有料研修を実施。

ドトールコーヒーの経営理念をはじめ、カフェ運営に必要な調理・コーヒーの基礎知識・接客・衛生管理・運営といったスキルを身につけます。最終的には店舗実習を行い、修了試験を受けることでクリアとなります。

カフェ経営に必要なノウハウ・
業務をパッケージ化

1962年設立のドトールコーヒーでは、長年の経験に基づくカフェ経営のノウハウをパッケージ化して提供。カフェ経営を行うには商品の仕入れ・メニュー開発等が必要となりますが、ドトールコーヒーに加盟することで、その大半の業務が本部から提供されるようになります。

そのため、オーナーは接客や運営管理に集中できるという仕組みです。

開業後は本部社員による
継続指導を実施

ドトールコーヒーでは、本部のショップコンサルタントによる巡回指導を月1~3回実施。店舗・商品・販売などの状況について、継続的な指導を行っています。

また、原則として月1回の店長会議、年1~2回のエリアオーナー会、年1回のチェーンオーナー会、年4回の新メニュー調理実習なども実施しており、開業後のサポートも手厚くなっています。

ドトールコーヒーのオーナー口コミ

公式HPでオーナー口コミは確認できませんでした。

ドトールコーヒーの基本情報

会社名 株式会社ドトールコーヒー
経営理念 「一杯のコーヒーを通じて、お客様にやすらぎと活力を提供する」
本社所在地 東京都渋谷区神南1-10-1
電話番号 0120-88-1255
公式HP https://www.doutor.co.jp/business/fc/

ドトールコーヒー公式HPから
説明会に申し込む

電話で問い合わせる

カフェに加えてショットバーにも挑戦できる自由度の高さ

プロントコーポレーションプロント

プロントコーポレーション公式HP
引用元:プロントコーポレーション公式HP
(https://www.pronto.co.jp/company/franchise/)
加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円
ロイヤリティ 総売上高の3%
設計監理費 物件規模によって異なる
全店舗数 181店舗
募集エリア 全国

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

プロントコーポレーション公式HPで
フランチャイズ加盟条件を
詳しくみる

電話で問い合わせる

プロントコーポレーションの
サポート内容

約1ヶ月の研修プログラムで
経営スキルを習得

プロントコーポレーションでは、店舗運営に必要な技能を習得してもらえるよう、26日間の「ベーシックコース」と「フォローアップコース」という専用の研修プログラムを用意。

ベーシックコースは約1ヶ月間となっており、研修施設でカフェ運営の基本的なオペレーションを習得。直営の研修店舗にて、実際の接客・運営も経験します。

開店後はフォローアップコースでモチベーションを向上

研修プログラムの1つであるフォローアップコースは、開店後のモチベーションや専門知識の向上といった目的で実施されており、希望者はいつでも受けられる体制が整っています。

内容は、計数管理や従業委教育を学ぶ3日間のマネジメント研修と、グループ活動を通じてモチベーションを高める年1回のリーダーシップ研修となっています。

専任のスーパーバイザーによる
充実のサポート

プロントコーポレーションでは専任のスーパーバイザーが必ずつき、フランチャイズ契約後は従業員募集や発注などの開店準備、オープン時はスムーズに開店できるよう入店指導、オープン後は店舗を随時訪問して指導を実施。

また、月1回の業務検討会や四半期ごとの店長会、月ごと・季節ごとのメニュー説明会など、サポート内容が充実しています。

プロントのオーナー口コミ

公式HPでオーナー口コミは確認できませんでした。

プロントコーポレーションの
基本情報

会社名 株式会社プロントコーポレーション
経営理念 「DREAM COMES TRUE!」
本社所在地 東京都港区港南1-8-27 日新ビル
電話番号 03-66718-6530
公式HP https://www.pronto.co.jp/franchise/pronto/index.html

プロントコーポレーション
公式HPから
説明会に申し込む

電話で問い合わせる

【加盟店募集中】カフェフランチャイズ 一覧

Adam's awesome PIEのアップルパイは、さまざまなメディアで取り上げられている認知度の高い商品です。フランチャイズ開業後は認知度を活かした集客と、安定した売上確保が期待できます。

加盟金 100万円万円(税不明)
保証金 30万円万円(非課税)
店舗数 公式HPに記載なし

池田屋珈琲は大阪発祥の喫茶店で、八百屋として仕入れた野菜の販売やサンドイッチの提供なども行っています。大阪近辺のみのエリア展開ですが、経営効率を向上させた新しい喫茶店業態を展開しており、喫茶店復活支援やフランチャイズを希望する人を募っています。

加盟金 なし
保証金 なし
店舗数 5店舗

イタリアントマトのフランチャイズ加盟店開業は、確かな知名度と高品質の商品提供から大きな集客が見込めます。利用者の口コミも高く、一見の利用者も入りやすいカフェなので、売上を確保しやすいです。

加盟金 275万円(税込)
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 公式HPに記載なし

本格的なネルドリップコーヒーが人気のカフェブランド。開業前には約2週間の店舗体験オペレーション実習を行い、必要な基本作業や店舗運営についてのスキルを習得できます。

加盟金 330万円(税込)
保証金 200万円
店舗数 88店舗

インドネシア政府公認のコーヒーブランドです。在日外国人にアピールしやすい点が魅力といえるでしょう。2つのプランでフランチャイズ加盟店を支援しています。

加盟金 150万円(税不明)
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 公式HPに記載なし

「一杯のコーヒー」からはじまる「たくさんのしあわせ」がブランドコンセプト。店長向けに約7週間の研修を実施、開業後はスーパーバイザーの訪問によるサポートを受けられます。

加盟金 300万円(税不明)
保証金 150万円
店舗数 191店舗

café Hanamoriは飲食店の中でも比較的低資金で開業できるカフェのフランチャイズです。イートインやデリバリーをはじめ。モーニングからランチ、バル営業など、自由度の高い店舗運営を行うことができます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 フランチャイズ実績として3店舗以上

北海道産まれの花論珈琲茶房は、喫茶店の運営以外に喫茶・飲食店の新規出店のサポート事業を行っています。これまでの経営で培った商品やサービス、ノウハウを提供しており、未経験でも短期間で開店まで導いてくれます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 4店舗

加盟金・ロイヤリティ不要で契約できるフランチャイズ。店舗デザイン・メニュー・食器に至るまですべてパッケージ化されており、比較的ローコストでの開業が期待できます。

加盟金 0
保証金 100万円
店舗数 73店舗

これまでに培った成功のノウハウを、フランチャイズオーナーに提供。機能的な店舗設計と本部の強力なバックアップにより、高い収益性と安定した経営が期待できるFC本部です。

加盟金 150万円(税不明)
保証金 150万円
店舗数 213店舗

通常だと2年ほどかかる研修内容を、開業スケジュールやコンセプトに合わせて柔軟にカスタマイズ。最短2~3ヶ月で技術を習得できるようサポートしています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 9店舗

珈琲倶楽部はコーヒーも料理もおいしく、コストパフォマンスが高いと口コミ評判のよいカフェです。珈琲倶楽部ではフランチャイズ加盟店を募集しており、カフェや自営業が未経験でも安心して開業できる体制を整えています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 20店舗
(フランチャイズチェーンのみ)

オーナー・店長・社員向けのスタッフ研修は1~2ヶ月間となっており、研修店舗で実地研修を実施。カフェ運営未経験でも覚えやすいよう、カリキュラムに工夫を凝らしています。

加盟金 100万円(税不明)
保証金 50万円
店舗数 74店舗

名古屋式モーニングを全国に広めたカフェチェーン。コメダ社員として経営ノウハウ・店舗運営について学びつつ、将来的に独立を目指せる「独立支援制度」を提供しています。

加盟金 330万円(税込)
保証金 300万円
店舗数 925店舗

タピオカドリンクの人気店で知られるゴンチャは、全国主要都市でフランチャイズ加盟店を募集しています。開業前から開業後も手厚いサポートを提供している点が特徴。研修制度も整っているため、安心して開業に臨めます。

加盟金 200万円(税込)
保証金 300万円
店舗数 公式HPに記載なし

地域密着型のカフェ営業で黒字経営を誇る湘南パンケーキでは、フランチャイズ加盟店を募集しています。本記事では、湘南パンケーキの口コミやフランチャイズの特徴について解説しています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 11店舗

支留比亜珈琲店では、長年のカフェ事業で培った技術とノウハウを活かし、フランチャイズオーナーと利用顧客に喜んでもらえる加盟店出店をサポートしています。口コミ評価が高く、出店開始から一定の売上も期待できるでしょう。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 41店舗
(フランチャイズ加盟店は不明)

エスプレッソマシンやコーヒー豆など、グループ会社で機材・食材等の品質を一元管理しているのが特徴。開業前研修は320時間、開業後のスムーズなオペレーションを目指します。

加盟金 330万円(30坪タイプ)(税込)
保証金 200万円(30坪タイプ)
店舗数 24店舗

薬膳料理を提供するカフェフランチャイズ「Zeffee」では、法人企業から個人まで、募集対象が幅広いです。物件のない加盟者には物件情報を提供してくれます。すでに物件を所有している場合、その物件を活用しての開業も可能です。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 5店舗

フランチャイズ加盟店を募集している「代官山Candy apple」では、お祭りで1度は見たことがあるりんご飴を本格スイーツにして提供しています。見栄えがよいため若い女性から人気で、メディアでもたくさん取り上げられている注目度の高いスイーツです。

加盟金 200万円
保証金 50万円(非課税)
店舗数 13店舗(期間限定店舗を除く)

髙木珈琲は、数々のフランチャイズを成功させてきた株式会社サンマークが展開しています。品質の高いメニューでカフェのファンを増やし、リピーター顧客をつくりやすい運営を行っています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 4店舗(期間限定店舗を除く)

ダブルトールカフェは自社栽培、自社焙煎のこだわりのコーヒーを提供しているカフェです。知名度が高いため、フランチャイズ加盟店としての開業後はスムーズな集客と売上が期待できます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 4店舗

米国シアトル発祥のコーヒーショップ。未経験からでも開業できるよう、開店前・開店後は店長向けのトレーニング・教育プログラムを提供。スーパーバイザーの定期的な巡回もあり。

加盟金 800万円(税不明)
保証金 100万円
店舗数 700店舗

太郎茶屋鎌倉のフランチャイズは、パッケージライセンス型を採用している点が特徴です。オリジナルメニューの展開など自由度の高い経営や、低コストでの開業を実現できます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 11店舗

郊外のロードサイドを立地条件に、愛知県・岐阜県・三重県でフランチャイズを募集。社員・アルバイトのオープン前研修や、本部によるオープン後サポートなどが充実しています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 9店舗

探偵事務所がプロデュースしたカフェです。現役の探偵が店舗を運営しています。調査の裏話を聞ける点が魅力です。フランチャイズ加盟で、探偵業開業のノウハウも学べます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 1店舗

幅広いユーザーに利用される大手コーヒーショップ。未経験からでも自信を持って開業できるよう、専門の教育機関・IRP経営学院で経営ノウハウを徹底レクチャーしています。

加盟金 165万円(税込)
保証金 150万円
店舗数 1,066店舗

那吾弥珈琲店のフランチャイズ事業は、フランチャイズオーナーを独立した事業主として考えています。開業サポートにおいてもフランチャイズオーナーの思いを取り入れらカフェ開店を実現します。

加盟金 1,100,000円(税込)
保証金 200,000
店舗数 公式HPに記載なし

趣味や特技など、オーナーの経験・個性とコラボレーションできるのが特徴。出店エリアごとに外装や内装なども考慮し、オーナーの“最愛のカフェ”の創造を目指しています。

加盟金 200万円(税不明)
保証金 150万円
店舗数 13店舗

BUNK SANDWICHESは、開業のニーズに応じた開業プランを選べる点が特徴です。低予算で開業できるプランもあるため、開業未経験の人も取り組みやすいプランとなっています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 6店舗

bb.q オリーブチキンカフェは、独自のレシピや調理法を用いて、口コミ評価の高いメニューを提供しているカフェフランチャイズです。高い商品力で確かな集客が期待できます。

加盟金 300万円(税不明)
保証金 100万円
店舗数 11店舗

岐阜県・福井県など、西日本を中心に展開するカフェチェーン。50~60日間の研修でサービスや技術、店舗経営といったノウハウを習得できるようサポートしています。

加盟金 220万円(税込)
保証金 100万円(税別)
店舗数 18店舗

研修システムは、開業前の技術を身につけるベーシックコースと、開業後のスキルアップを目指すフォローアップコースを用意。1店舗ごとにスーパーバイザーのサポートがつきます。

加盟金 330万円(税込)
保証金 240万円
店舗数 181店舗

ベルヴィルパンケーキカフェでは、国内はもちろん国外のフランチャイズ加盟店も募集しています。コスパのよいビジネスモデルとSNS映えで、多くの集客を見込めるフランチャイズ事業です。

加盟金 200万円(税不明)
保証金 150万円※食材保証金
店舗数 65店舗

日本レストランシステムとドトールコーヒーのノウハウを集結させたカフェ。開店前研修は直営店で行われ、実際のオペレーションに近い状態で経営ノウハウを学べます。

加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円
店舗数 282店舗

ボルサは、セルフ型を採用し、高品質なコーヒーを安価で提供しているカフェです。フランチャイズ加盟店を募集しており、手厚いサポートで安定した売上を確保できるカフェを出店できます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 1店舗
(フランチャイズ加盟店)

モスバーガーを展開している株式会社モスフードサービスが運営している新時代のコミュニケーションカフェ。こだわりの紅茶と一緒に楽しめるワッフルやパフェ、フードなども用意されており、郊外型ショッピングセンターや百貨店・駅ビル内などに出店されるので幅広い年齢層の集客が見込めます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 5店舗

MUC

少人数での経営と労働効率を高めるため、オールカウンター方式を採用。加盟相談から立地調査・店舗設計および施工・研修まで、必要な作業をトータルで提供しています。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 15店舗

オーナーに運営して良かったと思ってもらえるような、手厚いサポート・研修を提供。開業前の研修は45日間、開店後も約1ヶ月間本部スタッフのフォローを受けられます。

加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円
店舗数 10店舗

店舗設計・経営ノウハウ・商標使用など、カフェ運営に必要な事案をパッケージ化。開業後は担当スーパーバイザーが定期的に巡回し、経営のコンサルティングを行います。

加盟金 550万円(税込)
保証金 200万円
店舗数 27店舗

福井市を中心に展開しているユトリ珈琲店は、昔ながらの純喫茶でこだわりのコーヒーを提供しています。広々としていて木や和紙を用いたあたたかみのある店内が特徴で、社長自ら焙煎したこだわりのコーヒーや軽食も人気。フランチャイズ希望者は社長と直接面談も可能です。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 12店舗

Licorneのフランチャイズ開業は、柔軟な営業方法を用意している点が特徴です。カフェ型とコーナー型から自分の好きな営業方法を選べるほか、既存のカフェやホテルにメニューとして取り入れることもできます。

加盟金 公式HPに記載なし
保証金 公式HPに記載なし
店舗数 16店舗
PR

カフェフランチャイズで失敗しないための
サポートとは

リスクを回避できる
手厚いサポートが、
「安定経営」へと導く
カフェ開業するのであれば、失敗しないためのサポートをしてくれる本部を選び、長期的かつ安定した成功を目指したいもの。
カフェフランチャイズにおいて失敗する3つの要素と、それを防ぐためのポイントをご紹介。
加盟店と伴走してくれる本部「C-United」への取材をもとに詳しいサポート内容も掲載していますので、本部選びの基準の一つになるようご一読ください。

伴走型フランチャイザーC-Unitedの
「3つの戦略的サポート」とは?

カフェフランチャイズの
基礎知識

カフェフランチャイズならではの特徴やメリット・デメリット、開業資金の相場など、加盟前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。
カフェフランチャイズの基礎知識
カフェフランチャイズのメリット・デメリット

カフェフランチャイズのメリット・デメリット

経営未経験者にとってカフェフランチャイズは非常に魅力的に感じられますが、もちろんメリットもあればデメリットもあります。加盟前にしっかりと情報をチェックし、冷静な判断を心がけましょう。

カフェフランチャイズ開業に必要な資金

カフェフランチャイズ開業に必要な資金

カフェフランチャイズに加盟するには、加盟金・保証金・物件取得費・研修費といったさまざまな資金が必要となります。開業前だけでなく、開業後に必要となる費用についてもまとめていますので、参考にしてください。

カフェフランチャイズの選び方

カフェフランチャイズの選び方

フランチャイズでカフェを運営したいと考えた場合、その本部選びは非常に重要です。ここでは、「集客につながるブランド力の有無」「サポート体制」といった、本部選びのポイントについてご紹介していきます。

カフェフランチャイズの業態

カフェフランチャイズの業態

カフェフランチャイズの業態には、大きく分けてフルサービス型とセルフサービス型があり、どちらを選ぶかで運営の方法も異なります。2つの業態の特徴とメリット・デメリットを知っておきましょう。

カフェフランチャイズの市場動向とは?

カフェフランチャイズの市場動向とは?

カフェ業界の売上はほぼ横ばいです。大手チェーンに人気が集まっています。2022年度のカフェフランチャイズは店舗、売上とも増加しています。外食業フランチャイズの中で、高い伸びを示している点がポイントです。

カフェフランチャイズの競合を分析

カフェフランチャイズの競合を分析

競合分析の主な目的は、自店舗のコンセプトやポジションを決めるため、必要な情報を集めることです。他店舗との差別化につながる取り組みといえます。分析だけで満足せず、経営に生かすことが大切です。

カフェフランチャイズにおけるターゲット顧客の特定とニーズ分析

カフェフランチャイズにおける
ターゲット顧客の特定とニーズ分析

新しくカフェをオープンする際には、ターゲット顧客の特定が重要です。ほかのカフェとの差別化を図るためにもコンセプトを決め、どんな客層が訪れるかターゲットを特定してどんな目的でカフェを利用するか分析しましょう。

カフェフランチャイズにおける立地選定とは

カフェフランチャイズにおける
立地選定とは

カフェをオープンする際には、出店する場所選びもその後の経営に大きくかかわってきます。駅前やオフィス街など、人通りの多い場所では集客が見込めますが、好立地というだけで選ぶとデメリットも発生しますので注意が必要です。

フランチャイズとは

フランチャイズは、フランチャイズ本部と加盟店が契約を結び、本部が加盟店に対して商品やメニュー、販売ノウハウ、商標などの使用権を与えます。ノウハウや商標を使用する代わりに、加盟店は本部に対して毎月ロイヤリティを支払うなど、フランチャイズならではの仕組みがありますので事前に確認しておきましょう。

低リスクで始められる
飲食フランチャイズ集

カフェ以外の飲食フランチャイズの特徴やメリット・デメリット、費用面も知り、フランチャイズ選びにお役立てください。
キッチンカー

キッチンカー

さまざまな場所に出店できる、キッチンカーフランチャイズを始めるメリット・デメリットについてご紹介。キッチンカーの特徴や提供するメニューの種類、集客は期待できるのかといった情報もチェックしておきましょう。

居酒屋

居酒屋

お酒と料理の提供をメインとする居酒屋のフランチャイズ。飲食フランチャイズの中でも募集本部の数が多いのが特徴ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。内容を確認してみてください。

レストラン

レストラン

ファミリーレストラン・ビュッフェレストラン・ダイニングバーなど、さまざまなスタイルがあるレストランのフランチャイズ。開業前に知っておきたい、メリットとデメリットについてまとめました。

ファーストフード

ファストフード

ハンバーガー・牛丼・ドーナツ・そばなど、非常に種類が豊富であり、年齢を問わず幅広いユーザーから利用されるファストフード。そんなファストフードをフランチャイズで始めるメリット・デメリットをそれぞれ3点ずつご紹介します。

おすすめカフェFC
3社
を比較する
more