カフェFCの教科書 » カフェフランチャイズの基礎知識 » カフェフランチャイズの競合を分析

カフェフランチャイズの競合を分析

ここでは、競合分析の目的や競合分析の注意点などを解説しています。

カフェフランチャイズの競合分析をする目的

競合分析の主な目的は、他店の客層・客単価などを分析して、自店舗のコンセプトやポジションを決めることです。最終的な目的は、競合店との差別化といえるかもしれません。たとえば、競合店の客層がわかると、ニーズのある商品やサービスを予想できます。「競合店は提供していないが、主婦が多いためランチの需要がある」などの仮説を立てられるでしょう。競合分析は、メニューやサービスの精度を高めるため必要な取り組みです。

また、客単価も店舗のコンセプトなどを決めるため把握しておく必要があります。競合店を分析すると、地域の顧客が利用しやすい価格、価格帯による客層の変化などを掴めます。これらがわかると、具体的なメニューやサービスを設計しやすくなるでしょう。店舗のコンセプトやポジションは、競合分析の結果から導き出されます。

カフェフランチャイズの主要な競合他社を分析

コメダ珈琲

1968年創業のコーヒーショップ、カフェフランチャイズチェーンです。2023年2月末時点で968店舗を展開しています。店舗のコンセプトは「街のリビングルーム」です。自宅のリビングルームの延長線上に位置づけられる店舗を目指しています。子ども連れから年配まで幅広い客層をターゲットにしている点、モーニングを充実させるなどしてピークタイムを分散している点もポイントです。これらの取り組みにより、売上やシフトの安定を図っています。

※参照元:コメダ珈琲店(https://www.komeda.co.jp/company/outline.html)

スターバックスコーヒー

1996年に日本第1号店を出店したアメリカのコーヒーチェーンです。2023年12月末時点で1901店舗(うちライセンス店舗154店舗)を展開しています。店舗のコンセプトは「コーヒーを通じて人と人のつながりを生み出すこと」です。地域社会にポジティブな影響を与えられる店舗を目指しています。コメダ珈琲とは、店舗の位置づけが大きく異なるといえるでしょう。客層は10~30代が中心です。感度の高い若者を中心に、現在では幅広い層から利用されています。

※参照元:スターバックス コーヒージャパン株式会社(https://www.starbucks.co.jp/company/summary/?nid=ft)

競合分析をした後の注意点

競合分析の目的は、結果をもとに店舗のコンセプトやポジションを決めることです。情報を集めるだけ、情報を分析するだけで満足しないようにしましょう。フランチャイズカフェの出店に生かすことが大切です。

カフェフランチャイズの競合他社を分析し、経営に役立てよう

競合他社を分析すると、自店舗のコンセプトなどを決めやすくなります。客層や客単価などを中心に、さまざまな角度から分析することが大切です。加盟店募集中のカフェフランチャイズを知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

【特徴別】
おすすめの伴走型カフェフランチャイズ本部3社
ここでは信頼性の高いカフェブランドとして、展開している店舗数が多いカフェフランチャイズ上位10社を徹底調査しました。その中から、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6社をピックアップ。
さらに、「イニシャルコストが安い」「ブランド力をフル活用できる」「自由度の高さ」といった特徴を持つ本部3社を選定しました。
イニシャルコストが安く、
長期安定的な新規事業を立ち上げ
C-United
珈琲館
カフェ・ド・クリエ
C-United公式HP
引用元:C-United公式HP
(https://c-united.co.jp/coffeekan/fc/)
対応サービス
フルサービス型
セルフサービス型
  • 立地に合った業態を本部が提案し、利益の最大化を図る
  • オーナーや店長候補を対象とした開店前研修でノウハウを習得
加盟金 150万円~(税不明)
保証金 150万円~(税不明)
店舗数 404店舗
(※2ブランド合算数)

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

店舗数が多いブランド力
フル活用し集客を狙える事業運営
ドトールコーヒー
ドトール
ドトールコーヒー公式HP
引用元:ドトールコーヒー公式HP
(https://www.doutor.co.jp/business/fc/)
対応サービス
セルフサービス型
  • 全国に1,000店舗以上を展開のブランド力で集客が期待
  • 800店舗以上がフランチャイズ店舗運営の実績
加盟金 チェーン加盟金:150万円(税別)
出店準備金:150万円
(税別)
保証金 加盟保証金:150万円
(税不明)
出店保証金:150万円
(税不明)
店舗数 1,066店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

カフェに加えてショットバーにも挑戦できる自由度の高さ
プロントコーポレーションプロント
プロントコーポレーション公式HP
引用元:プロントコーポレーション公式HP
(https://www.pronto.co.jp/company/franchise/)
対応サービス
フルサービス型
  • 昼はカフェ、夜はショットバーの二面性収益モデルの事業運営
  • 「ベーシックコース」「フォローアップコース」2タイプの研修システム
加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円~
店舗数 181店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

【選定基準】(下記はすべて2022年12月6日時点に調査。)
2022年12月6日時点、Google検索「コーヒー フランチャイズ」でヒットした全17ページのうち、コーヒーをメインに販売するフランチャイズをすべて調査。
フランチャイズ加盟を募集している全18ブランドを店舗数上位10ブランド(2022年12月6日時点)に絞り込み、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6ブランドをピックアップ。その6ブランドを運営するフランチャイザー3社を以下の条件で選定。
・C-United…調査したカフェ6ブランドのうち、最も加盟金と保証金の金額が安い「珈琲館」を運営するフランチャイザー
・ドトールコーヒー…調査したカフェ6ブランドのうち、最も店舗数の多い「ドトール」を運営するフランチャイザー
・プロントコーポレーション…調査したカフェ6ブランドのうち、唯一カフェとショットバーの2面性収益モデルをもつ「プロント」を運営するフランチャイザー

おすすめカフェFC
3社
を比較する
more