カフェFCの教科書 » 【PR】カフェフランチャイズ3つの失敗要因。必要なサポートとは

【PR】カフェフランチャイズ3つの失敗要因。必要なサポートとは

目次
イメージ

カフェ経営で成功するには、フランチャイズを利用するのもひとつの手段。しかし、どのフランチャイズ本部を選んでも成功するとは限りません。

ここでは、加盟前に知っておきたいカフェフランチャイズ経営で失敗する主な原因と、失敗しないためのポイントを解説。現場第一主義で加盟店と伴走するフランチャイザー「C-United」のサポート内容もご紹介していますので、ぜひ本部選びの参考にしてください。

伴走型フランチャイザー
C-Unitedの成功に導く
「3つの戦略的サポート」とは?

カフェフランチャイズ経営で失敗する3つの要因

加盟フランチャイズの勝ちパターンを理解していない

カフェフランチャイズはどれも似たようにも見えますが、それぞれ経営戦略は異なるもの。カフェ業態の各フランチャイズは立地・店舗サイズ・客層等、そのカフェブランドの勝ちパターンでブランド展開しています。

そのため自分の所有物件や経営方針と加盟フランチャイズの勝ちパターンに齟齬が生じている場合、失敗する可能性が高まります。

人選力不足

「コミュニケーション能力が低い人材」「飲食業に興味がない人材」など、カフェ経営に向かない人材を重要な店長職に配置すると、経営状況は悪化します。

カフェビジネスでは開業前の物件選び・研修・人材採用、開業後の運営など、飲食業ならではの事業運営が求められます。こういった現場管理が中心になるビジネスを理解せず、資産運用程度のつもりでカフェフランチャイズに参入することは非常に危険です。

損益計算書(P/L)の予測が困難

他業種から外食業界へフランチャイズ参入する場合、カフェならではの売上や原価、販売管理費、フランチャイズならではのロイヤリティといったP/Lの予測は困難です。

「カフェ経営=収益性・投資回収が良い」イメージを抱き、カフェ業界やフランチャイズ契約の仕組みを十分に理解できていないままP/Lを作成すると、想定と収益性が異なることもあります。

失敗しないためのチェックポイント
  • カフェ業界に参入する目的・時間軸を明確にする
  • 収益性・投資回収という「数値面」だけではなく、本部サポート等をよく比較し、理解する
  • 特に外食においては、メニュー内容が一過性のブームではないか、よく判断する
  • P/L計画においてFC本部と議論し、当事者意識を持つ
  • 店長として必要な素質・スキルを理解し人選を行う

カフェ運営で失敗しないカギは
「成功に導くサポート」をする本部を選ぶこと

イメージ

サポート内容や体制はフランチャイズ本部によって異なりますが、とくに重要なのは「成功に導くサポート」を提供してくれるかどうか。具体的には、これまでのカフェ経営で培った成功のノウハウ伝授、そのノウハウを習得できる研修システム、立地に合わせた業態の提案などです。

また、開業後もスーパーバイザーが店舗を定期巡回するなど、経営やスタッフ教育について相談できる体制が整っている本部を選ぶことが、成功のポイントと言えるでしょう。

C-Unitedから学ぶ、
「3つの戦略的サポート」とは?

加盟店が失敗しないためのサポートを提供するフランチャイザー「C-United」に、実際のサポート内容をインタビューしました。
カフェフランチャイズ加盟後、どのようなサポートを受けて運営するのかイメージしながらご一読ください。

取材協力
C-United公式HPキャプチャ
引用元:C-United公式HP
https://c-united.co.jp/

C-United
株式会社

企業理念「珈琲文化の創造と発展を通して人を幸せにすること “人”という言葉には、お客様、お取引先様、そしてすべてのスタッフとステークホルダーが含まれます」を掲げて、カフェ・ド・クリエやカフェ・ベローチェ、珈琲館など、その街に愛されるカフェづくりに邁進し続けるC-United株式会社。

本部と加盟店を上下関係ではなくパートナーの関係と捉える同社は、「現場において、一番利益を生み出すのは人」と考える現場第一主義の本部

Product・ Price・ Promotion・ Placeの4Pに「PERSON」を加えた「5p」をベースとした運営方針を念頭に置いて、カフェブランドを展開しています。

本部サポート力を強みとするC-Unitedの戦略的な3つのサポート

立地・客数に合った店舗ブランドを提案

C-Unitedでは物件選びという初期段階から、より成功しやすい業態で事業を始められるようブランドを提案。サービス形態・商品は異なりますが、本部内で連携がとられているため、どのブランドでも同一の手厚いサポートが受けられます。

本格的なコーヒーとコーヒーに合った食事を提供するフルサービス型の「珈琲館」、幅広いユーザーが気軽に立ち寄れるセルフサービス型の「カフェ・ド・クリエ」の2業態から、加盟者の条件に合致したブランドを選定します。

直営店と同一の研修プログラムで、プロフェッショナルスキルを習得

C-Unitedにはトレーニング専門の部署があり、フランチャイズでも本社・直営店と同じ研修を受け、カフェ経営に必要なスキルを習得できます。

オーナーや店長候補を対象とした開店前研修では、接客基本動作・コーヒー抽出技術・フード管理・衛生管理・マネジメント業務などを網羅。初心者でも自信を持って開店を迎えられるよう、開店前に直営店にて実地研修も行っています。 

開業前はもちろん、開業後も役職、スタッフ階層に合わせた社員・アルバイトのトレーニングプログラムによって、継続的な人材育成が図れます。

直営店でテスト検証した成功ノウハウでバックアップ

C-Unitedでは、開店準備・運営・販売促進に至るまで本部が徹底サポート。開店後も毎月のスーパーバイザー訪店による経営サポート・運営フォローを継続し、高収益と効率的なオペレーションを目指したバックアップを実施します。

また、各施策は直営店でテスト検証を行い、導入説明を行った上でフランチャイズ店へ展開するため、実践レベルや効果に確実性がある中長期的に安定した店舗経営が期待できます。

C-United公式HP(珈琲館)で
サポート内容を詳しくみる

C-United公式HP(カフェ・ド・クリエ)で
サポート内容を詳しくみる

C-Unitedに電話で問い合わせる

C-Unitedのサポートを受けたオーナーの声

オーナー

定期開催のオーナー会(事業方針説明会)にて経営陣、各部担当者と直接意見交換ができるのは
非常にありがたいです。

オーナー

face to faceでの研修が豊富で勉強にもなりますし、
参加オーナー同士での交流、繋がりができるのも嬉しいです。

オーナー

毎月の専任スーパーバイザー訪店で、経営・運営に対して相談させていただいています。

加盟条件

加盟金 珈琲館:150万円
カフェ・ド・クリエ:300万円
保証金 珈琲館:150万円
カフェ・ド・クリエ:150万円
ロイヤリティ 珈琲館:純売上の2%(税不明)
カフェ・ド・クリエ:純売上の3%(税不明)
内装設計監理料 珈琲館:100万円+(3.5万円×店舗面積坪数)(税不明)
カフェ・ド・クリエ:50万円(別途消費税)
全店舗数 404店舗
※珈琲館、カフェ・ド・クリエ合算
募集エリア 全国

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

C-United公式HP(珈琲館)で
フランチャイズ加盟条件を
詳しくみる

C-United公式HP(カフェ・ド・クリエ)で
フランチャイズ加盟条件を
詳しくみる

C-Unitedに電話で問い合わせる

C-Unitedの会社情報

会社名 C-United株式会社
本社所在地 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル 1階・9階
電話番号 03-6432-4082
公式HP https://c-united.co.jp/index.html

まとめ

カフェ・ベローチェや珈琲館、カフェ・ド・クリエをはじめ、複数ブランドを展開し成長を続けるC-United。 複数業態で多店舗展開できているというのは、フランチャイザーとフランチャイジー間での利益配分がしっかり確立されていて、オーナーもしっかり稼げるビジネスであるという証拠でもあります。

そして、同社の強みは何と言っても「オーナー支援の手厚さ」。商品の開発・調理・提供まで現場の声をしっかり拾って改善を続ける点、各店舗の経営も含め支援するなど、加盟店をパートナーと考えているサポート内容となっています。

カフェフランチャイズは数多く存在しますが、その中でもC-Unitedは加盟店と共闘する「伴走型フランチャイザー」です。

C-United公式HP(珈琲館)で
フランチャイズ加盟相談する

C-United公式HP(カフェ・ド・クリエ)で
フランチャイズ加盟相談する

C-Unitedに電話で問い合わせる