カフェFCの教科書 » 【加盟店募集中】カフェフランチャイズ一覧 » コメダ珈琲

コメダ珈琲

コメダ珈琲のフランチャイズとしての特徴

社員として勤務しながらスキルを学ぶ独立支援制度

コメダ珈琲では、店舗がオープンするまでコメダの一社員として勤務する「独立支援制度」を展開。これは、社員として働きながら店舗運営のノウハウ・経験を身につけ、オーナーとしての自信をつけてもらうためのシステムです。実際の現場で具体的な作業を習得できるため、飲食店経営の経験・スキルがなくても独立を目指すことが可能です。

初期費用を抑えられる各種制度を提供

コメダ珈琲では、新規開業する店舗の設計費・建築費・内装費を本部が一時的に負担する「建築支援制度」を提供しています。この制度ではコメダ珈琲が店舗を建築・所有し、それをオーナーに貸与するというシステム。また、厨房機器や椅子・テーブルなどをリースできる制度もあるため、費用を抑えつつ自身のカフェを開業することが可能です。

スーパーバイザーによるサポートが充実

コメダ珈琲では、実際の店舗営業がスタートした後も継続します。定期的に本部のスーパーバイザーが訪問し、研修では見えなかった問題点などに対してアドバイス。販売活動や、売り上げ目標達成に向けたサポートも提供しています。また、電話による相談も受け付けており、気になることや不安なことをいつでも相談できる体制が整っています。

コメダ珈琲の加盟契約情報

加盟金 300万円(税別)
保証金 300万円(連帯保証人2人以上)、600万円(連帯保証人1人)、900万円(連帯保証人なし)
(非課税)
内装管理費 公式HPに記載がありませんでした。
ロイヤリティ 1,500円(1席あたり)(税別)
募集エリア 全国

カフェフランチャイズ開業に
必要な資金についてみる

コメダ珈琲の利用者の口コミ・評判

手際の良い接客に満足です

チェーン店なので期待はあまりしていませんでしたが、注文した料理も手際よく出てきますし、何より店員さんの対応が良かったです。店内は満席でしたが、案内の仕方も丁寧でした。コメダ名物のシロノワールも美味しくて満足です。

参照元:Tripadvisor( https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g298173-d7751776-r526863787-Komeda_Coffee_Shop_Yokohama_Motomachi-Yokohama_Kanagawa_Prefecture_Kanto.html

特製のイスの座り心地がいいです

特製のイスの座り心地が良く、長時間でも疲れません。テーブルとイスの高さのバランスも良いと感じました。10年前は、この赤い独特のイスが「昭和っぽい」と感じていましたが、特製のものだとは思いませんでした。お店はスタッフさんの対応がとても丁寧。笑顔も気持ち良く、居心地よく過ごせました。

参照元:Tripadvisor( https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g298173-d1700162-r785652546-Komeda_Coffee_Eda-Yokohama_Kanagawa_Prefecture_Kanto.html

コメダ珈琲フランチャイズ本部情報

会社名 株式会社コメダ
本社所在地 愛知県名古屋市東区葵3-12-23
電話番号 03-6450-5505(東日本エリア)
06-4862-7803(西日本エリア)
公式HP https://www.komeda-holdings.co.jp/fc/
【特徴別】
おすすめの伴走型カフェフランチャイズ本部3社
ここでは信頼性の高いカフェブランドとして、展開している店舗数が多いカフェフランチャイズ上位10社を徹底調査しました。その中から、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6社をピックアップ。
さらに、「イニシャルコストが安い」「ブランド力をフル活用できる」「自由度の高さ」といった特徴を持つ本部3社を選定しました。
イニシャルコストが安く、
長期安定的な新規事業を立ち上げ
C-United
珈琲館
カフェ・ド・クリエ
C-United公式HP
引用元:C-United公式HP
(https://c-united.co.jp/coffeekan/fc/)
対応サービス
フルサービス型
セルフサービス型
  • 立地に合った業態を本部が提案し、利益の最大化を図る
  • オーナーや店長候補を対象とした開店前研修でノウハウを習得
加盟金 150万円~(税不明)
保証金 150万円~(税不明)
店舗数 404店舗
(※2ブランド合算数)

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

店舗数が多いブランド力
フル活用し集客を狙える事業運営
ドトールコーヒー
ドトール
ドトールコーヒー公式HP
引用元:ドトールコーヒー公式HP
(https://www.doutor.co.jp/business/fc/)
対応サービス
セルフサービス型
  • 全国に1,000店舗以上を展開のブランド力で集客が期待
  • 800店舗以上がフランチャイズ店舗運営の実績
加盟金 チェーン加盟金:150万円(税別)
出店準備金:150万円
(税別)
保証金 加盟保証金:150万円
(税不明)
出店保証金:150万円
(税不明)
店舗数 1,066店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

カフェに加えてショットバーにも挑戦できる自由度の高さ
プロントコーポレーションプロント
プロントコーポレーション公式HP
引用元:プロントコーポレーション公式HP
(https://www.pronto.co.jp/company/franchise/)
対応サービス
フルサービス型
  • 昼はカフェ、夜はショットバーの二面性収益モデルの事業運営
  • 「ベーシックコース」「フォローアップコース」2タイプの研修システム
加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円~
店舗数 181店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

【選定基準】(下記はすべて2022年12月6日時点に調査。)
2022年12月6日時点、Google検索「コーヒー フランチャイズ」でヒットした全17ページのうち、コーヒーをメインに販売するフランチャイズをすべて調査。
フランチャイズ加盟を募集している全18ブランドを店舗数上位10ブランド(2022年12月6日時点)に絞り込み、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6ブランドをピックアップ。その6ブランドを運営するフランチャイザー3社を以下の条件で選定。
・C-United…調査したカフェ6ブランドのうち、最も加盟金と保証金の金額が安い「珈琲館」を運営するフランチャイザー
・ドトールコーヒー…調査したカフェ6ブランドのうち、最も店舗数の多い「ドトール」を運営するフランチャイザー
・プロントコーポレーション…調査したカフェ6ブランドのうち、唯一カフェとショットバーの2面性収益モデルをもつ「プロント」を運営するフランチャイザー

おすすめカフェFC
3社
を比較する
more