カフェFCの教科書 » カフェフランチャイズの基礎知識

カフェフランチャイズの基礎知識

ここでは、フランチャイズのメリット・デメリットや開業資金の相場など、加盟前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

カフェフランチャイズの
メリット・デメリット

カフェをオープンする方法の一つに、フランチャイズへの加盟があります。

フランチャイズに加盟することで、本部から経営や店舗運営のノウハウを得られ、経験がなくても開業することが可能です。

すでに確立されたブランドを利用できるので、宣伝広告費をさほどかけなくても、初日からある程度の集客が見込める点、準備期間を短縮できる点などもメリットです。

ただし、運営の自由度が低い・毎月のロイヤリティの支払いなどデメリットもあります。

こちらのページでは、カフェフランチャイズのメリット・デメリットについてご紹介しています。

カフェフランチャイズの
メリット・デメリットの詳細をみる

カフェフランチャイズ開業に
必要な資金

カフェを開業するにあたって、特に気になるのが開業資金ではないでしょうか。

フランチャイズに加盟してカフェを開業する場合、加盟金や保証金、物件取得費や店舗建築費、研修費や広告費など、さまざまな費用がかかります。

また、カフェを開業した後も、人件費や店舗の賃貸料、材料費やロイヤリティなどさまざまな費用がかかるため、毎月どのくらいの支払いが必要か把握した上で、事前にしっかり事業計画を立てることが大切です。

こちらのページでは、カフェフランチャイズの開業資金についてまとめています。

カフェフランチャイズ開業に
必要な資金の詳細をみる

カフェフランチャイズの選び方

安定したカフェ経営を行うためには、フランチャイズ本部選びが重要です。選ぶポイントは、「ブランド力」「サポート体制」「ロイヤリティの額」の3つです。

カフェフランチャイズは、本部によってブランド力やサポート体制、ロイヤリティの額などが大きく異なります。

特に大切なのはサポート体制。どんなにブランド力があっても、サポート体制が整っていなくては、黒字化できないリスクが高まります。

資料請求や説明会への参加、実際の店舗チェックや経営者の声を主体的に聞くなどして、しっかりと比較検討を行いましょう。

カフェフランチャイズの
選び方の詳細をみる

カフェフランチャイズの業態

カフェは、サービスの提供スタイルによって「フルサービス型」と「セルフサービス型」に分けられます

フルサービス型とは、従業員がオーダーをとり、ドリンクや料理を席まで運ぶスタイルのこと。セルフサービス型とは、来店客がカウンターで注文と支払いを済ませ、ドリンクや料理を自分で運ぶスタイルのことです。

それぞれ客層や収益性などが大きく異なるため、フランチャイズ選びの際は、まずカフェの業態から選ぶのがおすすめです。

こちらのページでは、フルサービス型とセルフサービス型、それぞれの特徴についてご紹介します。

カフェフランチャイズの業態の
詳細をみる

カフェフランチャイズの市場動向とは?

カフェの店舗数は2007年をピークに減少しています。しかし、売上は横ばい傾向です。一世帯あたりの支出額増加が売上を維持できている要因のひとつといえるでしょう。カフェを利用している方の割合は7割程度です。うち3割程度は大手チェーンのみ利用しています。大手チェーンが人気を集めている点もカフェ業界のポイントです。2022年度のカフェフランチャイズは、チェーン数、店舗数、売上とも増加しています。カフェフランチャイズは成長を続けているといえるでしょう。ここでは、カフェフランチャイズの市場動向を詳しく解説しています。

カフェフランチャイズの市場動向の
詳細をみる

カフェフランチャイズの競合を分析

競合分析は、カフェフランチャイズの出店に欠かせない取り組みです。主な目的は、競合店の情報を分析して、結果をもとに自社のコンセプトやポジションを決めることといえるでしょう。分析の切り口として、客層や客単価があげられます。たとえば、客層がわかればニーズのある商品を予想できます。注意点は、情報収集や情報分析だけで満足しないことです。結果を出店や経営に生かすように心がけます。ここでは、カフェフランチャイズにおける競合分析の重要性と注意点を解説するとともに、実店舗をもとにした競合分析の例を紹介しています。

カフェフランチャイズの競合を分析の
詳細をみる

カフェフランチャイズにおけるターゲット顧客の特定とニーズ分析

カフェを利用するすべての人をターゲットにすると、幅が広すぎてコンセプトが定まりにくくなります。コンセプトによってメニューや店内の装飾なども変わるため、カフェをオープンする前にコンセプトを決め、どんな人をターゲット顧客とするかやカフェを利用する顧客のニーズを分析しておきましょう。

ターゲット層や顧客のニーズがわかれば、集客のためにするべき店内の装飾やメニュー作りがしやすくなります。たとえば、飲食が目的ならおいしいコーヒーやモーニングのセットなど、休憩やリフレッシュのために訪れる人には、居心地のいいソファやインテリアが必要です。

こちらのページでは、ターゲット顧客の特定とニーズ分析の重要性について解説しています。

カフェフランチャイズにおける
ターゲット顧客の特定とニーズ分析の
詳細をみる

カフェフランチャイズにおける立地選定とは

カフェ開業に適した立地には、駅前やオフィス街、商業施設内など人通りが多いエリアが挙げられます。休憩や待ち合わせ、商談などカフェを使用する機会も多く集客が見込めますが、競合店が多いことや家賃が高めなどことなどデメリットとなりうる点もあるため、好立地ならいいというわけではありません。

どんなカフェにしたいか決まっている場合には、コンセプトに合っているかどうかやターゲット顧客が入りやすいエリアかどうか、競合店の有無や家賃相場などもチェックして選定するようにしてください。

このページでは、カフェ開業に適した立地の特徴や選定方法、注意点などについて紹介しています。

カフェフランチャイズにおける
立地選定とはの
詳細をみる

【特徴別】
おすすめの伴走型カフェフランチャイズ本部3社
ここでは信頼性の高いカフェブランドとして、展開している店舗数が多いカフェフランチャイズ上位10社を徹底調査しました。その中から、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6社をピックアップ。
さらに、「イニシャルコストが安い」「ブランド力をフル活用できる」「自由度の高さ」といった特徴を持つ本部3社を選定しました。
イニシャルコストが安く、
長期安定的な新規事業を立ち上げ
C-United
珈琲館
カフェ・ド・クリエ
C-United公式HP
引用元:C-United公式HP
(https://c-united.co.jp/coffeekan/fc/)
対応サービス
フルサービス型
セルフサービス型
  • 立地に合った業態を本部が提案し、利益の最大化を図る
  • オーナーや店長候補を対象とした開店前研修でノウハウを習得
加盟金 150万円~(税不明)
保証金 150万円~(税不明)
店舗数 404店舗
(※2ブランド合算数)

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

店舗数が多いブランド力
フル活用し集客を狙える事業運営
ドトールコーヒー
ドトール
ドトールコーヒー公式HP
引用元:ドトールコーヒー公式HP
(https://www.doutor.co.jp/business/fc/)
対応サービス
セルフサービス型
  • 全国に1,000店舗以上を展開のブランド力で集客が期待
  • 800店舗以上がフランチャイズ店舗運営の実績
加盟金 チェーン加盟金:150万円(税別)
出店準備金:150万円
(税別)
保証金 加盟保証金:150万円
(税不明)
出店保証金:150万円
(税不明)
店舗数 1,066店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

カフェに加えてショットバーにも挑戦できる自由度の高さ
プロントコーポレーションプロント
プロントコーポレーション公式HP
引用元:プロントコーポレーション公式HP
(https://www.pronto.co.jp/company/franchise/)
対応サービス
フルサービス型
  • 昼はカフェ、夜はショットバーの二面性収益モデルの事業運営
  • 「ベーシックコース」「フォローアップコース」2タイプの研修システム
加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円~
店舗数 181店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

【選定基準】(下記はすべて2022年12月6日時点に調査。)
2022年12月6日時点、Google検索「コーヒー フランチャイズ」でヒットした全17ページのうち、コーヒーをメインに販売するフランチャイズをすべて調査。
フランチャイズ加盟を募集している全18ブランドを店舗数上位10ブランド(2022年12月6日時点)に絞り込み、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6ブランドをピックアップ。その6ブランドを運営するフランチャイザー3社を以下の条件で選定。
・C-United…調査したカフェ6ブランドのうち、最も加盟金と保証金の金額が安い「珈琲館」を運営するフランチャイザー
・ドトールコーヒー…調査したカフェ6ブランドのうち、最も店舗数の多い「ドトール」を運営するフランチャイザー
・プロントコーポレーション…調査したカフェ6ブランドのうち、唯一カフェとショットバーの2面性収益モデルをもつ「プロント」を運営するフランチャイザー

おすすめカフェFC
3社
を比較する
more