カフェFCの教科書 » フランチャイズとは

フランチャイズとは

フランチャイズとは

フランチャイズとは、フランチャイズ本部と加盟店が契約を結び、商品やメニュー、販売ノウハウ、商標などの使用権を与える仕組みです。加盟店は使用料として毎月ロイヤリティを支払います。

あらかじめノウハウやブランド力などを得ることで、初めて起業する方や未経験のジャンルへ事業進出する企業も安定した事業展開が行えます

「フランチャイズ」というとコンビニエンスストアなどを思い浮かべるかもしれませんが、飲食店やカフェ、学習塾や各種スクール、ハウスクリーニングや修理業、理美容店やエステサロン、介護サービス、買取販売業、住宅業界など、さまざまなジャンルで広まっています。

フランチャイズビジネスの仕組み

フランチャイズへの加盟を検討しているなら、まずはフランチャイズビジネスの仕組みについて把握しておきましょう。

ここでは、フランチャイズの仕組みや加盟するまでの流れ、成功するためのノウハウについて解説しています。ぜひ参考にしてください。

フランチャイズビジネスの
仕組みの詳細をみる

フランチャイズと直営の違い

フランチャイズ店とは、フランチャイズ本部と契約し、本部から商品やノウハウ、商標の使用権などを扱う権利を得ている店舗のことです。

直営店は、フランチャイズ本部が直接的に運営や開発を行います。

両者には、経営母体や経営の自由度などに大きな違いがあります。

フランチャイズと
直営の違いの詳細をみる

フランチャイズの
「加盟金・保証金」

フランチャイズに加盟する際は、多くの場合、フランチャイズ本部に加盟金や保証金を支払います。

加盟金も保証金も、フランチャイズ契約をする際に本部に支払う一時金ですが、加盟金は返還されない・保証金は契約終了後に返還されるなど違いがあります。

フランチャイズの「加盟金・保証金」の詳細をみる

フランチャイズの
「ロイヤリティ」

ロイヤリティとは、フランチャイズ本部の商標を使用したり、ノウハウや教育を提供してもらう代わりに、加盟店が毎月支払うお金のことです。

最近は「ロイヤリティ0円」を謳う本部も増えていますが、安さだけでなく、契約内容やサポート体制などもよく確認することが大切です。

フランチャイズの
「ロイヤリティ」の詳細をみる

フランチャイズ契約とは

フランチャイズ契約では、契約内容の確認・理解不足などによりさまざまなトラブルが発生しています

ここでは、フランチャイズの契約について、知っておきたい基礎知識をまとめました。契約してから「イメージと違う!」とならないために、ぜひチェックしてください。

フランチャイズ契約とはの詳細をみる

フランチャイズの契約期間

フランチャイズでは、ほとんどの場合契約期間が決められており、1年契約から10年以上までさまざまです。特に多いのが3〜5年ですが、中には契約更新をする際に、次の契約期間が短くなる場合もあるようです。

契約をする際は、契約期間と共に、契約期間の算出方法なども把握しておくことが大切です。

フランチャイズの
契約期間の詳細をみる

フランチャイズの途中解約

フランチャイズ契約では、やむを得ない事情による途中解約が認められています。ただし、契約内容や解約の仕方によっては、違約金の支払いがを求められる場合があります。

ここでは、途中解約する際の違約金や注意点についてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フランチャイズの
途中解約の詳細をみる

フランチャイズの契約違反

解約違反をしてしまうと、フランチャイズ本部から契約を解除される・契約更新を拒否される・違約金を請求される可能性があります。

ここでは、フランチャイズ契約における契約違反の具体例と、契約違反した場合の違約金について解説します。

フランチャイズの
契約違反の詳細をみる

フランチャイズの助成金

「フランチャイズに加盟して開業したい!」と考えたとき、気になるのが資金のことではないでしょうか。

フランチャイズの開業でも、一般の企業と同じように補助金や助成金を利用することが可能です。

ここでは、フランチャイズ開業で利用できる補助金・助成金情報をまとめました。

フランチャイズの助成金の詳細をみる

【特徴別】
おすすめの伴走型カフェフランチャイズ本部3社
ここでは信頼性の高いカフェブランドとして、展開している店舗数が多いカフェフランチャイズ上位10社を徹底調査しました。その中から、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6社をピックアップ。
さらに、「イニシャルコストが安い」「ブランド力をフル活用できる」「自由度の高さ」といった特徴を持つ本部3社を選定しました。
イニシャルコストが安く、
長期安定的な新規事業を立ち上げ
C-United
珈琲館
カフェ・ド・クリエ
C-United公式HP
引用元:C-United公式HP
(https://c-united.co.jp/coffeekan/fc/)
対応サービス
フルサービス型
セルフサービス型
  • 立地に合った業態を本部が提案し、利益の最大化を図る
  • オーナーや店長候補を対象とした開店前研修でノウハウを習得
加盟金 150万円~(税不明)
保証金 150万円~(税不明)
店舗数 404店舗
(※2ブランド合算数)

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

店舗数が多いブランド力
フル活用し集客を狙える事業運営
ドトールコーヒー
ドトール
ドトールコーヒー公式HP
引用元:ドトールコーヒー公式HP
(https://www.doutor.co.jp/business/fc/)
対応サービス
セルフサービス型
  • 全国に1,000店舗以上を展開のブランド力で集客が期待
  • 800店舗以上がフランチャイズ店舗運営の実績
加盟金 チェーン加盟金:150万円(税別)
出店準備金:150万円
(税別)
保証金 加盟保証金:150万円
(税不明)
出店保証金:150万円
(税不明)
店舗数 1,066店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

カフェに加えてショットバーにも挑戦できる自由度の高さ
プロントコーポレーションプロント
プロントコーポレーション公式HP
引用元:プロントコーポレーション公式HP
(https://www.pronto.co.jp/company/franchise/)
対応サービス
フルサービス型
  • 昼はカフェ、夜はショットバーの二面性収益モデルの事業運営
  • 「ベーシックコース」「フォローアップコース」2タイプの研修システム
加盟金 330万円(税込)
保証金 100万円~
店舗数 181店舗

加盟について
詳しく見る

(公式HP)

電話で問い合わせる

※上記は2022年12月6日調査時点の情報です。

【選定基準】(下記はすべて2022年12月6日時点に調査。)
2022年12月6日時点、Google検索「コーヒー フランチャイズ」でヒットした全17ページのうち、コーヒーをメインに販売するフランチャイズをすべて調査。
フランチャイズ加盟を募集している全18ブランドを店舗数上位10ブランド(2022年12月6日時点)に絞り込み、「物件・立地サポート」「開業前サポート」「開業後サポート」があるフランチャイズ6ブランドをピックアップ。その6ブランドを運営するフランチャイザー3社を以下の条件で選定。
・C-United…調査したカフェ6ブランドのうち、最も加盟金と保証金の金額が安い「珈琲館」を運営するフランチャイザー
・ドトールコーヒー…調査したカフェ6ブランドのうち、最も店舗数の多い「ドトール」を運営するフランチャイザー
・プロントコーポレーション…調査したカフェ6ブランドのうち、唯一カフェとショットバーの2面性収益モデルをもつ「プロント」を運営するフランチャイザー

おすすめカフェFC
3社
を比較する
more